notepad.exe

日記です

中華パッドの話

 f:id:hanageman:20130722220447j:plain


 充電のところ折れたやつ、アロンアルファで直した。閉めると多少不恰好に浮き上がるけど、防水性能は一応担保されてそうな感じに収まりはする。もともとIPX5だし、水中で使うようなことはないのでこれで十分だろう。

 android端末、クアッドコアのSoCなら何をどうやってもだいたい快適な感じで、20000円も出せばそれなりのやつが買えるし、いい時代になってきたと思う。これまでゴミのようなデバイスをちょこちょこ買ってきたけど、最近はあまり偶然にゴミっぽいものと出会わなくなってきた。わざわざゴミを狙って買う必要がある。

 MorphyTwoことEnchantMoonも、いまけっこう爆死ムードが漂ってるけど、もしまともなSoCで動いてたら、また評価が変わってくるのかもしれない。最初にスペックが公開されたときに、allwinner a10という文字列を見たわたしはふむなるほどmomo9か、てな具合に納得した刹那に39800円という価格を見て、飲んでないコーヒーを豪快に吹き出したのだった。

 MorphyTwo、android端末でうごく互換OSとしてソフトウェアだけリリースして、いろいろ揉まれて洗練させてからハードウエアと一緒に売ればよかったのでは、みたいな素人考えをしているけど、ある程度リスクを取って意思決定をしているのだろうし、なにか強い勝算があるのかもしれない。momo9が世界を席巻するさまは、それはそれで素敵な眺望であろうと思う。

広告を非表示にする