notepad.exe

日記です

GNU screen と首の話

 さいきん首の可動域がおかしくなってて、振り向くとピキピキする感じがする。そのうちポロッと取れそうで怖い。仕事でたくさんモニタ使ってて、首を左右に動かしまくってるのがいけないのかもしれない。

 モニタ、1枚しかないならそれはそれでどうにかなるんだけど、あればあるだけ使ってしまう傾向があると思う。現状たくさんモニタがあっても、結局全部ターミナル開いてるだけみたいな感じになってるし、ほんならscreenでええやんけという印象になってしまう。

 screenで画面切り替えるのC-a 数字をよく使ってて、C-a 9以上になってしまったら一回C-a 9したあとにC-a nして10にうつるみたいなダサいことをやってて、それがだるくて新しいターミナルを開いてしまうというのがよくないと思う。ちゃんと調べればC-a 9以上になっても楽に使う方法があるだろうし、首の可動域を大切にするならちゃんと調べておいたほうがいい。首が取れても生きてる人はそうそういない。

広告を非表示にする