notepad.exe

日記です

死にたい事案

 bluetoothのヘッドセット、電車のなかでペアリングがおかしなことになって、大音量でアニソンが流れるというつらい事態が発生した。しかも当の本人は、音楽を鳴らしているハードウェアとは異なる音をヘッドセットで拾っており、それを聞いているために周囲の人から指摘されるまで垂れ流し状態になっていることにまったく気づいていなかった。

 流れるアニソンによって死にたい度は変化するだろうけど、かなり高い部類のものだったということだけは書いておく。同じ失敗を繰り返してはならない。

 android、着信音量とメディア音量とアラーム音量のボリュームがそれぞれ独立していて、コンテキストによってハードウェアスイッチが操作するものが変わるというのがわかりにくい。本体スピーカー経由でのメディア音量を常にミュートしておく運用を徹底すれば事故は起こらないかもしれないけど、それだと風呂でアニメを見たりするのが難しい感じになってしまう。

 電車にのってて音楽をスピーカーから大音量で流すケース、まず無いと思うし電車に乗ってる状態を認識して勝手に切り替わってくれるのがいいと思う。電車にのってる状態、正確に判断するの難しそうだけど、felicaで入場してて一定の速度で移動してる、という状況で定義しておけば概ね間違いなさそうな気はしている。

広告を非表示にする