notepad.exe

日記です

歯抜け野郎

 親知らず、2本目抜いた。残りは下顎2本で、上と比較すると下のほうが抜くの大変ですよ、みたいな話を医者からされてちょっとめんどくせーなと思っている。虫歯ではないので抜かなくてもいいのだけど、変な方向に生えていて見ているだけでむかつくというのもあるし、なかなか難しい選択を迫られている。

 まあでも、麻酔をかけて抜くと痛みは殆ど無くて、麻酔が切れたあとも多少じんじんする程度で、抜歯自体はそんなに大した話じゃねーなという気がしてきている。麻酔というテクノロジはほんとうにすごいけど、痛みがある事自体には警告的な意味があるのだろうし、痛覚を軽視するような感覚は危険なのだろうなあと思う。たとえば痛みがないから手足を切断するかと言われるとそういう話でもなくて、でも昔ネットでそういう人体改造みたいな欲求がある人たちの話を読んで、金玉がキュッと縮み上がったのを思い出した。世界はほんとうに広くて、深い。

広告を非表示にする