notepad.exe

日記です

108個の金玉

 史記読んだあといろいろ懐かしい気分になって、横山光輝の漫画をいくつか買った。いまは水滸伝を読んでる、たぶん読むの20年ぶりぐらいだと思う。歴史漫画書きはじめのころの作品なので、絵がかなりサリーちゃんぽい。


 水滸伝6巻セット 漫画文庫


 たしかこの漫画、後半の崩壊していく梁山泊を描いていない。いかにもハッピーエンドっぽい感じの美しい終わりかたで締めていたはずで、はじめて読んでから何年かの後に本当の結末、好漢だいたい死んで悲惨な感じになっていくという内容を知って、うわ、水滸伝てただのヒーローものじゃなかったんか、といったような衝撃を受けたのを思い出した。10代の半ば、あまりの衝撃に興奮して勃起した記憶がある。

広告を非表示にする